シンプルで、もっと緩やかに「ISADORE」

シンプルで、もっと緩やかに「ISADORE」

エアロ効果に優れ、身体にピッタリとフィットするジャージとは少し離れて。もっと緩やかに身体を包んでくれるのが「ISADORE」のメリノジャージです。

 

「ISADORE」とは

UCIプロチームで2017年まで活躍していたVerits兄弟が設立したブランド。全ての商品を彼らが一から企画開発、テストまで手掛けて製作しています。

「ブランド自体はヨーロッパだけど、生産は全く別の場所で…」というのはよくある話ですが、イザドアは彼らのオフィスから1km範囲の、大手メゾンブランドの商品も手掛ける信頼の厚い工場で。

彼らが工程まで細かくチェックしているので、非常に品質の高い製品が作られるのです。

 

素材にメリノを選ぶ理由

Verits兄弟が何故メリノをメイン素材にしたのか。

「僕らは速さを求めてタイトフィットで化繊のジャージをずっと着ていたんだ。でも、もっと普通に自転車に乗ることを楽しむために。快適なサイクルウェアが欲しくなったんだよ」

生地由来の柔らかな着心地、自然素材の防臭抗菌機能、速乾性も評価が高い。メリノの発色の良さを活かしてデザインはシンプルに。

 

 

当店ではこの秋、定番の「ロングスリーブジャージ」と「サーモルーベ・ビブショーツ」をラインナップ。

 

 

 

緩やかに、とは言っても十分走りを妨げないデザインになっていると思います。

 

ビブの生地は2つのイタリア製サーモライクラを使用。1つ目は通気性と吸湿性に優れたパネルで、発汗量が多く、筋肉の活動量が高い部分に使用されています。2つ目は滑らかな肌触りと防風性にも優れたパネルで、主に体幹部分に。

また、表地にはTeflon加工が施され、トレーニング中に小雨にあっても身体が濡れる心配がありません。

肝心なパッドもかなり良い。ジャージも良いけど、ビブもかなりオススメ。

 

 

肌当たりを考えてか、品質表示が縫い付けてあるものまた良い。この気配りは日本の細やかさに通ずるところあり。

 

 

 

あれあれ…?? ポケットなのに入れるとこが無い…と思ったら内ポケットでしたー。防水したいものを入れる為の内ポケット、細やか―。交通安全のお守り入れに決定。

 

 

 

写真のジャージはこの秋冬のリミテッドカラー。秋の風景に紫とアクアブルーが映えます。当店にはモデル着用の一着のみ入荷。

 

 

メイン素材にメリノウールを使用したり、リサイクルポリエステル100%のオルタナティブライン、商品タグも全てリサイクルペーパーだったり。まさにサスティナブルな物作り。これからの未来の為に、選んでいきたいブランドです。

 

(2020.10.23 インプレスみちよ)

 

URL :
TRACKBACK URL :