ダブルボトル必須の時代「Arundel」のサドルバッグを。

ダブルボトル必須の時代「Arundel」のサドルバッグを。

少し前だと2つ着けたボトルケージの片方はツールボトルが定石であった。が、今や北海道でさえ連続真夏日が当たり前になり、出来たらウォーターボトルは2本持ちたい。となると、パンク修理キットの所在に困る。

という訳で、新たにウォータープルーフタイプをリリースした「Arundel」サドルバッグの復権であります。

 

 

いわゆる「サドルバッグ」の形は苦手なので、なるべくデザイン性の良いモノを選びたい。

そうなったサイクリスト達が辿り着くのが、アメリカ・フォートワース発の自転車乗りによる自転車乗りの為のブランド「Arundel-アランデル-」

 

サイズは大・中・小と3種類。
スタンダードタイプとは別に、待望のウォータープルーフタイプもご用意。

 

なんだかこれだけ並んでてもサイズ感がよく分からないので、いつもアランデルのサドルバッグを使ってる人に撮らせてもらいました。

 

まず、最小サイズの「UNO」

 

替えチューブ、ボンベ、などなど最小限にまとめられる上級者向け。

 

続いて一番大きい「GORDO」※防水タイプ

 

一気に容量増えました。このサイズならチューブラータイヤの持ち運びも可能とのこと。

 

 

 

防水タイプは軽量ながら堅牢。きっちり止水になってるので、雨天の走行でも安心。

 

そして単なるデザインであろうと思っていた、この型押し皮レザーの部分。

 

サドルに装着した時に当たる部分の補強の為であった。なんという考え尽くされたプロダクト。素晴らしすぎる。

 

 

そしてなにより素晴らしいのが固定力。バッグが緩んできて何度も取り付け直したり、サドル下のガタつきを気にしながら走ったり、そんなストレスからも解放されるハズ。

 

デザイン性と実用性をシンプルに両立させたサドルバッグ。

使って頂ければその良さが分かります。

 

〚スタンダードタイプ〛
・UNO(262ml)¥2,640-
・DUAL(442ml)¥2,640-
・TUBI(737ml)¥2,860-

〚防水タイプ〛
・PICO(311ml)¥4,180-
・MEDIO(541ml)¥4,840-
・GORDO(※カタログ値不明)¥5,500-

 

(2020.08.18 みちよ)

URL :
TRACKBACK URL :