未来のサドル「ANTARES VERSUS EVO R1&R3 ADAPTIVE」

未来のサドル「ANTARES VERSUS EVO R1&R3 ADAPTIVE」

デジタル3Dプリントでシームレスに作られ「未来のサドル」として2019年のユーロバイクで話題をかっさらった、fi’zi:k「ANTARES VERSUS EVO 00 ADAPTIVE」

そのADAPTIVEシリーズから、更にコストパフォーマンスを特化させた2モデルが入荷。

 

 

部位によるクッション性を最適化し、快適性とサポート性を併せ備え、優れたパフォーマンスを発揮。

まるでオーダーメイドのようなフィット感とパワー伝達性は、フラッグシップモデル「ADAPTIVE 00」をエリートレーサー達が実戦投入したことで実証済みなのだけど、なんといってもフラッグシップ…。

「ごく僅かなトップレーサー達しか享受できないテクノロジーだよね」と諦めていたサイクリストに向け満を持してリリースされたのが、この「ANTARES VERSUS EVO R1&R3 ADAPTIVE」なのです。

 

 

R1とR3の違いはレールの素材。

R1が高強度・軽量性に優れたカーボンレール、R3が耐腐食性を強化した合金kiumレール。

 

数多くのサイクリストから収集したマッピングデータから分析・開発されたADAPTIVEは、圧力分布が非常に細やかで、安定性と重量配分が飛躍的に向上しています。

カラーも蓄光素材のような超個性的なカラーリングから、フルブラックに。
より幅広いバイクにセットアップしやすくなってかなり嬉しい。

 

インプレッションは是非、店頭にて。
より自分にピッタリのサドルをお探しの方に、ご提案させて頂きます。

(2020.8.9 impress みちよ)

URL :
TRACKBACK URL :